MENU

ミノタブ,フィナステリド,デュタステリドの副作用とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
AGA治療の副作用のアイキャッチ画像

みなさんはAGA治療薬の副作用について知っていますか?

「毛深くなりやすいんでしょ?」しか知らないと痛い目を見るかもしれません。

多毛症以外にも気をつけたい副作用がいくつかあります。

AGA治療の良い面だけを知って,後悔しないためにも知っておきたい副作用について紹介します。

治療薬別(成分)で紹介しているのでそれぞれ目を通しておきましょう。

目次

AGA治療薬(成分)の副作用

AGAの副作用は治療薬(成分)によって異なります。

どんな副作用があるのかAGA治療する前に目を通しておきましょう。

一般的にAGA治療に用いられる薬別で紹介します。

ミノキシジル(内服薬)

最初に紹介するのはミノキシジル(内服薬)の副作用です。

内服薬とはミノキシジルタブレットのことを指します。

ミノキシジル(内服薬)の副作用はありますが”発症率”は不明です。

というのも,日本での臨床実験がされておらず参考になるようなデータは探しても見つかりませんでした。

もし,体調の異変を感じたら服用をやめて一定期間様子を見ましょう。

ミノキシジル(外用薬)

次に紹介するのはミノキシジル(外用薬)の副作用。

外用薬というのは,リアップやメディカルミノキ5などの発毛剤のことです。

外用薬は内服薬と違って,体内に取り込まないので軽度の副作用です。

基本的には頭皮の発疹や発赤など頭皮に赤いデキモノのができることが多い。

僕の場合は,溶剤として含まれているエタノールの影響で赤いデキモノがよくできました。

プロペシア(フィナステリド)

続いてプロペシア(フィナステリド)の副作用について紹介します。

プロペシアの副作用を一覧で紹介しましたが,発症率はどのくらいなのか?

フィナステリド1mgを投与が5%,0.2mgが1.5%になっています。

確率的には低いですが万が一自身が発症する可能性もあるので,体の変化には気をつけておきましょう。

ちなみにプロペシアは,過敏症や妊婦又は妊娠している可能性のある女性及び授乳中の女性、小児、肝機能に障害のある人は禁忌の治療薬になっています。

ザガーロ(デュタステリド)

最後にデュタステリドの副作用について紹介します。

デュタステリドはフィナステリドと似た症状があげられます。

ただし,デュタステリドのほうが発症頻度が高いようです。

ザガーロ(デュタステリドと同成分)の臨床試験データでは副作用は患者数557名に対して95名の発症率17.1%。

全体の内訳は

  • 勃起不全4.3%(24/557例)
  • リビドー減退3.9%(22/557例)
  • 精液量減少1.3%(7/557例)
引用元:AGAの進行を食い止める薬「デュタステリド」の副作用と効果を説明|あさ美皮フ科亀戸駅前

デュタステリドのほうが5αリダクターゼI型とII型の両方阻害できるので高い効果が期待できます。

そのぶん副作用の発症率は高くなっているので,AGA治療する際にどちらにするか悩ましいところですね。

僕の場合は,フィナステリドを使用しています。

まとめ

この記事ではAGA治療薬(成分)別でどんな副作用があるのか紹介しました。

服用する薬によっては肝機能障害や乳頭障害が起こってしまう可能性があります。

AGA治療を始めた際には自身の体調の変化に気をつけながら薄毛を改善していきましょう。

体調を崩しては元も子もないですからね。

以上,M字ハゲくんでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次